asca COMPANY,LTD.

<<  2009/12  >>
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031
赤字は定休日になります

Category

Archive

New

  • アン・デコール
  • アネックス
Page:
2009/12/28
Tokyo Showroom/+DECOR
Display Window 装飾入替!
正月を彩る”紅白”の椿をメインにしたウィンドウ飾り。



松・椿の組み合せが、新春の華やかさを彩ります。
紅白に染められた「江戸椿」や新しい年を迎える真っ白な「乙女椿」が装飾を華やかに飾ります。

    

    

ショールーム入り口の門松にも注目!
松や梅、竹を組み合せた ”おめでた飾り” はアスカならではの豪快さ、優美さを表現。



お近くにお越しの際は、是非ご覧下さい。


平成22年度の営業は、1月5日(火)より、通常通り営業致します。
Spring Collection 2010は、1月15日(金)まで行っております。
まだご来社頂いてないお客様は、是非一度ご来社下さい。スタッフ一同お待ちしております。

尚、充分なご案内させて頂く為、前日までにご来場予約頂く様お願いしております。
お手数ですが、営業所までご連絡下さいます様お願い致します。

東京営業所/ショールーム  tel: 03-6276-8780 fax: 03-6276-8780
2009/12/21
Tokyo Showroom/+DECOR
Spring Collection 2010 「+DECOR」
2010 全新商品を展示! 
クリスマス・正月が終わったら、春の商戦。「春の訪れ」を感じさせる商品群を。




花木類と春の代表作の桜のコラボレーションは、アーティフィシャルフラワーならではの造形美を充分に表現し、ガーデンフラワーとの組み合わせで、春の色鮮やかさを演出。
        
         

リボンやタッセル、コサージュなど、主役にもあるいは副素材としてもアレンジメントやディスプレイにアクセントとして大活躍する商品群。
        
         

今までのアスカ商会ではセレクトできなかった小花類やピック類、春を色の固まりで表現するのに必要不可欠なパーツ類も取り揃えております。併せてギフト提案にもご利用下さい。

         

他にも、春向けの商品を多数展示しております。春の商戦を迎える前にカタログ掲載商品を実際に手に取り組み合わせを考えて頂いたり、あるいは店作りのイメージするのに自由にご利用頂きたいと思います。是非一度、ご来場下さい。スタッフ一度、お待ちしております。
2009/12/04
ASCA/Catalogue
2010年版 総合カタログno. 221発行のご案内!
2009. 12. 17 asca 総合カタログno. 221を発行いたします。

アスカ商会取扱い(季節商品以外)全商品をラインアップ!

毎年、人気商品の筆頭になる”桜”は今年も多数掲載。春を彩る花木類は種類も充実しています。
色鮮やかなガーデンフラワーやアレンジメントの幅を広げるのに有効的なフラワーピック類。
ラッピングの工夫一つでギフトにもお勧め頂けるフラワーブーケは雑貨感覚として飾る事はもちろん、新展開する白基調のウエディング商材と合わせてのご提案もお楽しみ頂けます。



    

    

    



春の花から冬の花まで、、、
盛りだくさんのアイテムからご自分の提案にあった花材をチョイスしてみて下さい。


カタログをご希望の方:
カタログ購入をご希望される方は、販売店様もしくは、ホームページ内「CONTACT」にありますカタログ請求依頼から弊社にご連絡下さい。手続き方法はその中にてご案内させて頂きます。お待ちしております。
2009/12/02
ASCA/Event
東京ショールーム「アン・デコール」にてIPFA会員様向けのイベント開催!!
先月11月14日(土)にアスカ商会東京ショールーム「アン・デコール」をイベント会場にしたアーティフィシャルフラワー講習会が行われました。

今回のセミナーの目的!!
①アーティフィシャルフラワーを認知していただく。
②実際にアーティフィシャルフラワーを使っていただく。
③購入方法を知っていただく。

    

①「アン・デコール」に足を運んでいただき、アーティフィシャルフラワーに触れていただきました。

②2回のデモンストーションを行い、従来プリザーブドフラワーをメインにされている会員の方々に、実際にアーティフィシャルフラワーを取り入れたアレンジメントを作っていただきました。

    

③どのような方法でアーティフィシャルフラワーを仕入れるのか、購入方法を説明させていただきました。

今までプリザーブドフラワーをメインにアレンジメント制作に取り組んできた会員の方々が、アーティフィシャルフラワーを取り入れる事で、新たなアレンジテイストを見いだせた様子でした。このような新レッスン・作品展の展開に期待できそうです。